〈オー・ヘンリー〉作品を読んで

〈オー・ヘンリー〉作品を読んで〈オー・ヘンリー〉作品を読んで
〈オー・ヘンリー〉作品を読んで

「魔女のパン」 オー・ヘンリー著 を読んで

お節介、ありがた迷惑で済ませてしまえばそれまでですが、それでは息苦しくなって生きづらくなってしまうように感じた物語でした。
〈オー・ヘンリー〉作品を読んで

「罪と覚悟」 オー・ヘンリー著 を読んで

「甦った改心」というタイトル訳もあり、やはり清算しなければならなかったのか?過去に罪を持つ男の前に訪れた幸せ。そのまま男には普通に幸せになってもらいたかった、そんな気持ちになりました。私は青空文庫の「罪と覚悟」の訳のもので読みました。
〈オー・ヘンリー〉作品を読んで

「賢者の贈り物」 オー・ヘンリー著 を読んで

本当の幸福とは何なのか?は、古今東西ずっと語り合われていることですが、よく比較されるのが、お金と愛を天秤にかけたことではないでしょうか?「賢者の贈り物」はまさにそのような物語でした。
〈オー・ヘンリー〉作品を読んで

「最後の一葉」 オー・ヘンリー著 を読んで

もしかしたら奇跡の救いとは最後の一葉のように、地味でさり気ないところにあったりするのかもしれません。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました