〈オー・ヘンリー〉作品を読んで

「魔女のパン」 オー・ヘンリー著 を読んで

お節介、ありがた迷惑で済ませてしまえばそれまでですが、それでは息苦しくなって生きづらくなってしまうように感じた物語でした。
〈オー・ヘンリー〉作品を読んで

「罪と覚悟」 オー・ヘンリー著 を読んで

「甦った改心」というタイトル訳もあり、やはり清算しなければならなかったのか?過去に罪を持つ男の前に訪れた幸せ。そのまま男には普通に幸せになってもらいたかった、そんな気持ちになりました。私は青空文庫の「罪と覚悟」の訳のもので読みました。
〈太宰治〉作品を読んで

「人間失格」 太宰治著 を読んで

人生経験の少ない子供には理解出来ない大人の恋愛模様を描いた作品ですので、チンプンカンプンでしかなかったはずです。それも大人の恋愛模様でもあまり多くの人が体験するようなものでなく、社会の灰汁のようなものが染み付いた人情劇というのか、ムード歌謡のような情景なのですから無理もない話です。
スポンサーリンク
言葉の小槌〈101~150〉

言葉の小槌140 word is magic【何してけつかんねん】

【何してけつかんねん】昭和言葉というよりは大阪弁かもしれませんが、私は現在も大阪に住んでいますが、まず耳にする機会は無くなった言葉です。 うちでの小槌から出てきた自由なエッセイ。 【言葉の小槌 word is magic 140】
バックパッカーの経験を日常生活に取り入れてみたら⁉

【毎日カレーを食べる】 バックパッカーの経験を日常に取り入れてみたら、目から鱗の節約生活になるかも⁉

【毎日カレーを食べる】インドではオクラとカリフラワーのカレーが好きでしたが、素材の味も感じることはできましたが、一括りに表現しますと全て「カレー味」ということです。〈バックパッカーの経験を日常に取り入れてみたら、目から鱗の節約生活になるかも⁉〉
旅の玉手箱〈ミャンマー編〉

旅の玉手箱【バガン】〈ミャンマー編-5〉

【バガン/Bagan】一番大きなパゴダに上ってその上から眺めた夕陽は目に焼き付いています バックパック旅行の記憶の「玉手箱」を開いてみることを試みたエッセイ。 【旅の玉手箱 Bottom of Pandora's box ミャンマー編-5】
旅の玉手箱〈ミャンマー編〉

旅の玉手箱【メイミョー】〈ミャンマー編-4〉

【メイミョー/Maymyo】印象に残っていることは、マンダレーからメイミョーまでの道のりが過酷だったことくらいです。 バックパック旅行の記憶の「玉手箱」を開いてみることを試みたエッセイ。 【旅の玉手箱 Bottom of Pandora's box ミャンマー編-4】
バックパッカーの経験を日常生活に取り入れてみたら⁉

【着込んで寒さを凌ぐ】 バックパッカーの経験を日常に取り入れてみたら、目から鱗の節約生活になるかも⁉

【着込んで寒さを凌ぐ】光熱費を節約するには部屋全体を温めることを諦めて、服を着こむことでやり過ごす方法もあるのはありますね。着込んでコタツに入るのも賢い手段かもしれません。〈バックパッカーの経験を日常に取り入れてみたら、目から鱗の節約生活になるかも⁉〉
バックパッカーの経験を日常生活に取り入れてみたら⁉

【トイレットペーパー不要】 バックパッカーの経験を日常に取り入れてみたら、目から鱗の節約生活になるかも⁉

【トイレットペーパー不要】単刀直入に言いますとトイレットペーパーは無くても水さえあれば、問題なくやり過ごすことはできます。インド人はトイレットペーパーを使いません。〈バックパッカーの経験を日常に取り入れてみたら、目から鱗の節約生活になるかも⁉〉
旅の玉手箱〈ミャンマー編〉

旅の玉手箱【マンダレー】〈ミャンマー編-3〉

【マンダレー/Mandalay】電話局の日本では経験することが出来ないスタイルは、タイムスリップをして少し前の時代に戻ったようで面白かったです。 バックパック旅行の記憶の「玉手箱」を開いてみることを試みたエッセイ。 【旅の玉手箱 Bottom of Pandora's box ミャンマー編-3】
〈芥川龍之介〉作品を読んで

「芋粥」 芥川龍之介著 を読んで

いざ芋粥を思う存分食べたいという欲望を果たしてしまった五位が、その夢をただ一人で大事に守ってささやかに生きていた時が幸福だったのだと、自分を思い返すのが印象深いところでした。しみったれているようですが、共感できます。
言葉の小槌〈101~150〉

言葉の小槌139 word is magic【電話口】

【電話口】電話に出るとよそ行きの声になるというのは昭和のお母さんの一つの特徴ではなかったでしょうか?そして保留音はベートーベンの「エリーゼのために」 うちでの小槌から出てきた自由なエッセイ。 【言葉の小槌 word is magic 139】
言葉の小槌〈101~150〉

言葉の小槌138 word is magic【すかたん】

【すかたん】「すかたん」は、「おっちょこちょい、どんくさい、間違い、失敗」そのような意味で、私の家では母がよく口にしていました。 うちでの小槌から出てきた自由なエッセイ。 【言葉の小槌 word is magic 138】
〈芥川龍之介〉作品を読んで

「羅生門」 芥川龍之介著 を読んで

おどろおどろしい描写で暗い気持ちになりますが、その中には何か伝えたいものが含まれているのは感じ取れました。私は地獄絵図のような生き地獄の世界での人の姿が、無情にも表現されていたように思いました。
旅の玉手箱〈食べ物編〉

旅の玉手箱【モヒンガー】〈食べ物編-11〉

【モヒンガー/mohinga】ミャンマーでは屋台などで、どこでも食べることが出来た料理ですが、あれ程食べるのに苦戦したものは少ないと思います。 バックパック旅行の記憶の「玉手箱」を開いてみることを試みたエッセイ。 【旅の玉手箱 Bottom of Pandora's box 食べ物編-11】
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました