旅の玉手箱〈仏教聖地編〉

旅の玉手箱【ルンビニ】〈仏教聖地編-6〉

【ルンビニ】ちょうど巨大なストゥーパ(仏舎利塔)を建造してる最中で、毎日その作業に従事できたことは幸いなことだったと思います。 バックパック旅行の記憶の「玉手箱」を開いてみることを試みたエッセイ。 【旅の玉手箱 Bottom of Pandora's box 仏教聖地編-6】
旅の玉手箱〈仏教聖地編〉

旅の玉手箱【クシナガル】〈仏教聖地編-5〉

【クシナガル】釈迦入滅の地として侘しさが符合しているようでした。 バックパック旅行の記憶の「玉手箱」を開いてみることを試みたエッセイ。 【旅の玉手箱 Bottom of Pandora's box 仏教聖地編-5】
旅の玉手箱〈アクシデント編〉

旅の玉手箱【ガンジス川に消される⁉】〈アクシデント編-16〉

【ガンジス川に消される⁉】ガンジス川に流されて行方不明にされるという噂話がありました。 バックパック旅行の記憶の「玉手箱」を開いてみることを試みたエッセイ。 【旅の玉手箱 Bottom of Pandora's box アクシデント編-16】
スポンサーリンク
旅の玉手箱〈インド雑学編〉

旅の玉手箱【チョリチョリ/Chori Chori】〈インド雑学編-41〉

【チョリチョリ/Chori Chori】ヒンディー語で「こっそり」という意味です。 バックパック旅行の記憶の「玉手箱」を開いてみることを試みたエッセイ。 【旅の玉手箱 Bottom of Pandora's box インド雑学編-41】
〈外国人〉作品を読んで

「光りへの道」 ホワイト・イーグル 桑原啓善訳 を読んで

世には多くの霊界通信が存在しますが、この類の書籍を読むと必ず至らない自分と向き合わないといけなくなり、自問自答が起こります。
旅の玉手箱〈世界遺産編〉

旅の玉手箱【ラジャスターン州の丘陵要塞群】インド〈世界遺産編-7〉

【ラジャスターン州の丘陵要塞群】夕陽に染まった〈ジャイサルメール・フォート〉の、哀愁漂う光景には感動しました。 バックパック旅行の記憶の「玉手箱」を開いてみることを試みたエッセイ。 【旅の玉手箱 Bottom of Pandora's box 世界遺産編-7】
旅の玉手箱〈アクシデント編〉

旅の玉手箱【危険な旅行会社】〈アクシデント編-15〉

【危険な旅行会社】インドのデリーで、閉じ込められ恐怖体験をしました。 バックパック旅行の記憶の「玉手箱」を開いてみることを試みたエッセイ。 【旅の玉手箱 Bottom of Pandora's box アクシデント編-15】
旅の玉手箱〈インド雑学編〉

旅の玉手箱【ホーリー/Holi】〈インド雑学編-40〉

【ホーリー/Holi】人々は狂ったように「ハッピー・ホーリー」と叫びながら、色粉を掛け合うのです。 バックパック旅行の記憶の「玉手箱」を開いてみることを試みたエッセイ。 【旅の玉手箱 Bottom of Pandora's box インド雑学編-40】
旅の玉手箱〈インドの神様編〉

旅の玉手箱【ブラフマー】〈インドの神様編-24〉

【ブラフマー】現代のインドでは、〈ブラフマー〉はとても影の薄い存在でした。 バックパック旅行の記憶の「玉手箱」を開いてみることを試みたエッセイ。 【旅の玉手箱 Bottom of Pandora's box インドの神様編-24】
旅の玉手箱〈雑ネタ編〉

旅の玉手箱【いちごジャムの便】〈雑ネタ編-6〉

【大阪-南港】私は恐怖と共に、フェリー新鑑真(しんがんじん)号に乗りました。 バックパック旅行の記憶の「玉手箱」を開いてみることを試みたエッセイ。 【旅の玉手箱 Bottom of Pandora's box 出発編】 
〈オー・ヘンリー〉作品を読んで

「甦った改心」 オー・ヘンリー著 を読んで

天才金庫破りジミー・ヴァレンタインと、刑事ベン・プライスがとてもにくい行動を取るのが堪りません。この二人のような粋な行動にこそ、現代社会が見失いがちな人間力があるように感じます。
旅の玉手箱〈インドの神様編〉

旅の玉手箱【ガネーシャ】〈インドの神様編-23〉

【ガネーシャ】茶目っ気のある象の頭部にぽっちゃり布袋腹が可愛らしい。 バックパック旅行の記憶の「玉手箱」を開いてみることを試みたエッセイ。 【旅の玉手箱 Bottom of Pandora's box インドの神様編-23】
旅の玉手箱〈インドの神様編〉

旅の玉手箱【カーリー】〈インドの神様編-22〉

【カーリー】肉切り包丁と生首を手に持った、理性のカケラもない血に飢えた殺戮の黒い女神。 バックパック旅行の記憶の「玉手箱」を開いてみることを試みたエッセイ。 【旅の玉手箱 Bottom of Pandora's box インドの神様編-22】
旅の玉手箱〈インドの神様編〉

旅の玉手箱【ドゥルガー】〈インドの神様編-21〉

【ドゥルガー】神々の怒りの炎は一点に集約され、その中から〈ドゥルガー〉が誕生します。 バックパック旅行の記憶の「玉手箱」を開いてみることを試みたエッセイ。 【旅の玉手箱 Bottom of Pandora's box インドの神様編-21】
旅の玉手箱〈インドの神様編〉

旅の玉手箱【パールヴァティー】〈インドの神様編-20〉

【パールヴァティー】女性美を象徴する女神で、その美しさはまさに究極の美の集大成なのです。 バックパック旅行の記憶の「玉手箱」を開いてみることを試みたエッセイ。 【旅の玉手箱 Bottom of Pandora's box インドの神様編-20】
スポンサーリンク